フランスを代表する映画作家フランソワ・オゾン監督最新作『L’amant Double(原題)』が『2重螺旋の恋人』の邦題で8月4日(土)より公開されることが決定した。

サイコスリラーの名手として知られる鬼才フランソワ・オゾンが、4年の構想期間を経て放つ極上の心理サスペンス。主人公クロエが、容姿は同じで中身は正反対の双子の精神科分析医・ポールとルイとの禁断の関係にのめり込んでいく姿を、鮮烈かつ官能的に描き出す。クロエを演じるのは、『17歳』で売春に手を染める名門女子高生を演じてカンヌを騒然とさせたマリーヌ・ヴァクト。そのクロエと心理的にも肉体的にも激しい駆け引きを演じる双子の精神分析医をジェレミー・レニエが、ポールとルイの過去に関わる重要な役どころでジャクリーン・ビセットが出演する。

本作は、米国の女性作家ジョイス・キャロル・オーツの双子をテーマとした短編小説をオゾンが大胆に翻案。「この短編を読み、双子についてリサーチをしている中で、これまでに見たことのない幻想的で恐ろしい現実に思いめぐらせ、映画化がひらめいた」と語っている。ラストに待ち受けるのは、観客すべての予想を覆す驚愕の結末。オゾンが仕組んだ大胆不敵なトリックを、果たして見破ることはできるのか―。

なお本作は、日仏交流160周年を迎えて、6月21日~24日に13年ぶりに横浜で開催される「フランス映画祭 2018」での上映が決定しており、上映に合わせてフランソワ・オゾン監督の来日も決定している。

原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという。なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく・・・。

フランソワ・オゾン監督
© 2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ JEAN – CLAUDE MOIREAU

映画『2重螺旋の恋人』は2018年8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開!
監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン
配給:キノフィルムズ
©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU