富と権力をめぐる人間の野望と愛憎を描く『連続ドラマW 華麗なる一族』に内田有紀、麻生祐未が出演することが決定した。

大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊が描かれる。脚本には、「連続ドラマW 沈まぬ太陽」など人物描写を丁寧に重ねていく幹の太いシナリオに定評のある前川洋一。監督は、映画『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』や数々の名作ドラマを手掛けた西浦正記が務める。そして壮大な野望の実現に突き進む主人公・万俵大介を映画『記憶にございません!』での好演も記憶に新しい中井貴一が演じる。

これまでに主役・万俵大介役に中井貴一、その長男・鉄平役に向井理、次男・銀平役に藤ヶ谷太輔と父子のキャ
ストが発表された本作。今回、大介の愛人・高須相子役を内田有紀、そして大介の妻・万俵寧子役を麻生祐未が演じることが決定した。

内田演じる高須相子は、表向きは住み込みの家庭教師だが、実態はその他に2つの大きな役割を担っていた。まず
は、今後の阪神銀行を大きくすべく、そして万俵家の繁栄のために、息子・娘たちの縁談を司る、閨閥けいばつ作りだ。政官財界との繋がりを武器に、大介とともに政略的に組んだ閨閥が、着々とその実を挙げつつある。そして、2つ目は大介の愛人であるということ。その政治力はさることながら、抜群の美貌の持ち主で、時として万俵家の娘たちをも圧倒し、大介を手懐けている。

対して、麻生演じる大介の妻・寧子は、京都の公卿華族の子爵を父に持ち、戦前に老女付きで万俵家に嫁いだ元来の令嬢。戦後、昔のような執事や老女がいなくなり、家庭教師としてやってきた相子に妻・母の地位をじわじわと侵食され、妻妾同居という奇異な生活を強いられるようになるが、平静を保ち続けてきた。息子、娘たちからは確かな愛があり、感情が表立って出ない次男・銀平は特に、寧子の平穏を常に祈ってきた。悪夢のような毎日で、生気すらも失いかけているが、寧子もまた、息子、娘たちの幸せを第一に願っている。実は寧子のその虚ろな目の奥には、物語の終局へと繋がる、大介と鉄平の確執の秘密が隠されている。

高須相子(内田有紀)

内田有紀(高須相子役)コメント

――「華麗なる一族」高須相子役が決まった時の印象や意気込みをお聞かせください。
高須相子は万俵家に関わるキーマンとして大切な役どころですが、彼女の芯の強さと、心の奥底にある女性とし
ての寂しさを丁寧に表現していきたいと思います。また、彼女は私がこれまで演じたことのない女性像。40 代の
女優として、自分でも見つけられなかった新しい顔を探し当てたいと思ってます。
――最初に脚本を読まれた時の感想についてお聞かせください。
人間の持つ嫉妬や欲の恐ろしさが描かれており、
読んでいて鳥肌が立ちながらどんどんページをめくっている自分が居ました。
万俵大介の息子までをも利用していく強欲さで、一族の繁栄の様子が描かれているこの世界観がどんなお芝居で
表現されるのか、そんな期待に胸が躍りました。
大介を通して、時代の波を作り出す当時の高度成長期の日本の様子も垣間見れて興味深かったです。
――視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。
「華麗なる一族」は過去に何度か映像化された名作です。
1960 年代の日本を舞台とした重厚なテーマが、現代の撮影技術による映像美と音響効果で
また更に進化した作品となって表現されると思います。
私自身も今一度襟を正す思いで挑みますので、是非ご期待ください。

万俵寧子(麻生祐未)

麻生祐未(万俵寧子役)コメント

――「華麗なる一族」万俵寧子役が決まった時の印象や意気込みをお聞かせください。
「華麗なる一族」の一員に選ばれ、とても嬉しく光栄に思っています。今まで寧子を演じてこられた名優の方々
に恥ずかしくないよう、慎重に演じたいと思います。
――最初に脚本を読まれた時の感想についてお聞かせください。
原作の面白さはそのままに、毎回この世界を覗きたくなるような展開に読んでいてワクワクしました。放送がと
ても楽しみです。
――視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。
時代や環境が違っても、家族や社会を取り巻く人間関係は、普遍的なもの。そんな人間模様の面白さが詰まった
名作です。自由を制限された世界で、精一杯、寧子なりの幸せを見つけていきたいと思います。

『連続ドラマW 華麗なる一族』は2021年4月よりWOWOWプライムにて放送!
(全12話)
監督:西浦正記
出演:中井貴一、向井理、藤ヶ谷太輔、麻生祐未、内田有紀