犯人よりも危険なのは“彼女”だった―イザベル・ユペール主演『ELLE(原題)』が『エル ELLE』の邦題で8月に全国で公開されることが決定し、WEB限定予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ異色のサスペンスである本作。様々なドラマを生んだ本年度の賞レースで、ひときわ異彩を放ちながらも驚異的な数の賞をさらい、フランス映画にしてアカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした話題作。世界を驚愕させたヒロインを演じるのは、歳を重ねる度に魅力を増すイザベル・ユペール。錚々たる巨匠たちと仕事を重ねてきたイザベル・ユペールの長い女優キャリアの中でも「最高峰の素晴らしい演技」と評価されている。監督は『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン。刺激的でアブノーマルな才能が互いを高め合い、世界初の気品あふれる変態ムービーにして異色のサスペンスが誕生した。

今回解禁されたWEB限定予告映像では、ゲーム会社の女社長で妖艶な魅力を放つイザベル・ユペール演じるミシェルが自宅で覆面の男に襲われるが、その事件を契機に彼女を取り巻く人々、さらには彼女自身の恐るべき本性が明らかになっていく様子が描かる。気品に満ちながらも“変態的”という本作の唯一無二な魅力を感じられる映像となっている。本映像は、劇場で上映される予告編よりも刺激的なバージョンになっている。

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェル(イザベル・ユペール)は、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった―。

映画『エル ELLE』は2017年8月にTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開!
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
原作:フィリップ・ディジャン「エル ELLE」(ハヤカワ文庫)
出演 :イザベル・ユペール、ロラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリング、ヴィルジニー・エフィラ 、ジョナ・ブロケ
配給:ギャガ
© 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS – TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP