ひとりぼっちの少女がパリでバレリーナを目指す夢に恋する物語『BALLERINA(原題)』が『フェリシーと夢のトウシューズ』の邦題で8月12日(土)より全国で公開されることが決定した。

『最強のふたり』の製作陣が初のアニメ映画に挑み、『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などを世に出してきたアニメーターが集結した感動作。物語の舞台は19世紀末、エッフェル塔が建設中の花の都パリ。パリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていた少女は、元バレリーナと運命的に出会い、情熱と勇気を胸に新しい世界に飛び込む。実写とアニメーションの豪華制作陣がジャンルの垣根を越えて集結、振付をパリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオレリー・デュポン、ジェレミー・ベランガールが担当。セーヌ川にかかる橋の上、エッフェル塔の下、賑やかなお店でフェリシーは軽やかに跳ね、優雅に踊る。アニメーションだからこそ描けた魔法のようなきらめきと、その躍動感に目も心もすべてを奪われるはず。

声の出演は、フェリシー役に今をときめく人気実力ともに若手ナンバーワン女優エル・ファニング。親友のヴィクター役には、『アメイジング・スパイダーマン2』やPRADAキャンペーンモデルとして抜群の存在感を放つデイン・デハーンが声優に初挑戦している。さらに「コール・ミー・メイビー」が世界的大ヒットとなったカナダの歌姫、カーリー・レイ・ジェプセンがフェリシーにバレエを教える元バレリーナ・オデット役で参加。彼女は主題歌も手掛け、物語世界をより一層華やかに盛り上げている。フェリシーの何度でも立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている真っ最中の子供たちも、思わず心が踊り出す感動のエンターテインメント作品となっている。

19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは、バレリーナになることを夢見る、踊ることが大好きな少女。ある日、偉大な発明家を志している親友のヴィクターに誘われ、エッフェル塔が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに―。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシーはヴィクターとはぐれてしまうが、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワールの姿があった―。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘カミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか!?

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』は2017年8月12日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開!
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセン
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.