ひとりぼっちの少女がパリでバレリーナを目指す夢に恋する物語『フェリシーと夢のトウシューズ』が8月12日(土)より全国で公開される。

舞台は19世紀末、エッフェル塔が建設中のパリ。パリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていた少女は、元バレリーナと運命的に出会い、情熱と勇気を胸に新しい世界に飛び込む。セーヌ川にかかる橋の上、エッフェル塔の下、賑やかなお店で軽やかに跳ね、優雅に踊る―。アニメーションだからこそ描けた魔法のようなきらめきと、その躍動感に目も心も奪われる。声の出演に、エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンが参加。主人公フェリシーの何度も立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている子供たちも、思わず心が踊り出す。

本作では、土屋太鳳が洋画アニメーション映画の吹き替えに初挑戦しており、黒木瞳、熊川哲也、夏木マリら豪華俳優陣が脇を固めている。フェリシー(土屋)は、ひょんなことからパリ・オペラ座のバレエ学校に通い始めることとなる。幼い頃から練習をしてきたエリートな女の子たちに必死についていくフェリシーだが、オペラ座の舞台に立てるのはたった一人。フェリシーを厳しくも温かく見守るオデット(黒木)との特訓、生まれて初めてのバレエレッスンに戸惑いながらも、踊ることのよろこびが全身から溢れるフェリシー。厳しいオーディションを行うメラントゥ(熊川)にもその情熱が伝わり、最大のライバル・カミーユとどちらかが舞台に立てるチャンスがやってくるが―。自身も指導者であり、バレエの厳しさや現実を知る熊川だからこその説得力あるセリフをはじめ、夢に向かってはばたこうとする彼女をとりまく大人たちの迫真の演技にもあわせて注目が集まる。

また、字幕版の声の出演は、フェリシー役に今をときめく人気実力ともに若手ナンバーワン女優エル・ファニング。親友のヴィクター役には、『アメイジング・スパイダーマン2』やPRADAキャンペーンモデルとして抜群の存在感を放つデイン・デハーンが声優に初挑戦している。さらに「コール・ミー・メイビー」が世界的大ヒットとなったカナダの歌姫、カーリー・レイ・ジェプセンがフェリシーにバレエを教える元バレリーナ・オデット役で参加。彼女は主題歌も手掛け、物語世界をより一層華やかに盛り上げている。

フェリシーの何度でも立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている真っ最中の子供たちも、思わず心が踊り出す感動のエンターテインメント作品。この夏、劇場の大きなスクリーンでフェリシーたちの躍動する姿を確認して欲しい。

日本語吹替版予告編

字幕版特報映像

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』は2017年8月12日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開!
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセン
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.