土屋太鳳、夏木マリ

『フェリシーと夢のトウシューズ』のジャパンプレミアが7月23日(日)に東京・丸の内ピカデリーで行われ、土屋太鳳と夏木マリが登壇した。

今回行われたイベントには、主人公フェリシー役の日本語吹き替えキャストとして洋画アニメーション映画初挑戦となった土屋太鳳と、フェリシーの最大のライバル・カミーユの母親ル・オー夫人役を演じた夏木マリが登壇。本作の魅力が語られた。

それぞれが演じるキャラクターをイメージした衣装で登場した土屋と夏木。「フェリシーとして生きれたことがとても嬉しくて、パワーをいただいたので、ちょっとでも近づけたらいいなと思って選びました」と本作でフェリシーに強く共感した様子の土屋。自身も3歳からバレエをやっていたというが、本作では「フェリシーの動きはもちろん、19世紀のパリならではの街並みがとても素敵」と大絶賛。しかし、今回初挑戦となった海外アニメの吹替えは想像していた以上に難しかったようで「日本とは違う文化や言葉から生まれた表情。それに日本語を当てるのが本当に難しくて打ちのめされた」と悩みを書かれた時期もあったことを明かした。

そんな土屋の演技について夏木は「ピッタリ!素晴らしいキャスティング。出来栄えも120%」と大絶賛。本作については「19世紀末のパリが舞台で、今のパリがこれから出来るところが描かれている。フェリシーが頑張っていく姿に泣きました。この優しい映画を私がやらせていただいていいのかと思うくらい」と本作の見どころと合わせて語った。

さらに本作では主題歌にも挑戦している土屋。「バレエの世界が舞台ですけど、心が揺れ動く姿や挫折を描いているので、いろいろな人に共感していただけると思った。フェリシーを通じて共感したことを根っこに、私が感じてきたことを元に、感謝やエールを込めて言葉をつづらせていただきました」と自身が手掛けた歌詞への思いを語った。夏木は土屋が主題歌を手掛けたことを試写のエンドロールで知ったといい「お主やるな、と。大リスペクトです」とコメント。

また、「とにかく太鳳さんの大ファンなんです!」と語る夏木は、自身が主宰のパフォーマンス「印象派NÉO」に「いつか太鳳さんをプリンシパルとして、一緒にパフォーマンスを作るのが私の夢。お忙しいのでやっていただけないとは思いますが懲りずにアプローチさせていただく」と熱烈オファー。土屋も「ぜひご一緒させてください!」と返し、夏木は「土屋太鳳に恋してる。今回素敵なお話やキャストをやらせていただいたことも幸せですが、太鳳さんに会えて嬉しい」と明かした。

最後に夏木は「アニメとは思えない実写みたい。バレエを志している方がいらっしゃったら、とても素敵な映画に巡り合える」と本作をアピール、土屋は「夢の魅力や厳しさを両方描いているパワーあふれる作品。何かを見つけたい人はもちろん、見失いそうな人にも見ていただきたい。ぜひフェリシーと一緒に、夢へと飛び立つ心のトウシューズを見つけてください!」とメッセージを送った。

舞台は19世紀末、エッフェル塔が建設中のパリ。パリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていた少女は、元バレリーナと運命的に出会い、情熱と勇気を胸に新しい世界に飛び込む。セーヌ川にかかる橋の上、エッフェル塔の下、賑やかなお店で軽やかに跳ね、優雅に踊る―。アニメーションだからこそ描けた魔法のようなきらめきと、その躍動感に目も心も奪われる。声の出演に、エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンが参加。主人公フェリシーの何度も立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている子供たちも、思わず心が踊り出す。

土屋太鳳

夏木マリ

土屋太鳳、夏木マリ

土屋太鳳


映画『フェリシーと夢のトウシューズ』は2017年8月12日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開!
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセン
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.