ひとりぼっちの少女がパリでバレリーナを目指す夢に恋する物語『フェリシーと夢のトウシューズ』の“臨場感あふれるダンスシーン”の本編映像が解禁された。

舞台は19世紀末、エッフェル塔が建設中のパリ。パリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていた少女は、元バレリーナと運命的に出会い、情熱と勇気を胸に新しい世界に飛び込む。セーヌ川にかかる橋の上、エッフェル塔の下、賑やかなお店で軽やかに跳ね、優雅に踊る―。アニメーションだからこそ描けた魔法のようなきらめきと、その躍動感に目も心も奪われる。声の出演に、エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンが参加。主人公フェリシーの何度も立ち上がる明るく前向きな姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている子供たちも、思わず心が踊り出す。

今回本作で注目のダンスシーンを収めた日本語吹き替え版本編映像が解禁された。幼馴染のヴィクターと孤児院から抜け出し、バレリーナになることを夢見てパリへやってきた踊ることが大好きなフェリシー。ひょんなことからパリ・オペラ座でバレエレッスンを受けることになった彼女は、夢にみたパリ・オペラ座の舞台に立つため毎日特訓の日々を送ることになる。ある日、幼馴染のヴィクターに連れられて入った店で聞こえてきたブルターニュ民謡に心ふるえ、湧きおこる情熱のままに踊るフェリシー。軽快なステップとともに店内中を跳びまわり、その場にいた客たちを魅了するフェリシーの生き生きとした表情は、観る者を虜にしてしまうことだろう。

本編のすべてのダンスを振り付けたのは、パリ・オペラ座芸術監督を務めるオレリー・デュポンと元エトワールのジェレミー・ベランガール。普段はバレエを専門としている彼らだが今回はコンテンポラリーな要素も取り入れ、型にはまることなく自由に踊る彼女の姿を見事に体現している。ジェレミーは脚本からインスピレーションを得てダンスを考案し、それをオレリーに踊らせてカメラで撮影しながら振付やアングルを少しずつ修正しダンスを完成させている。フェリシーが踊る速いステップや大ジャンプなど、実際には真似できないアニメーションならではの表現を楽しんだという。驚くほどしなやかなフェリシーの動きは、指先からつま先まで美しく見えるよう細部までしっかりと監修されており、今までのアニメーション映画とは一線を画すなめらかなキャラクターの動きは必見だ。

映画『フェリシーと夢のトウシューズ』は2017年8月12日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開!
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセン
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.