ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」の4度目の来日公演が2020年1月に東急シアターオーブにて行われることが決定した。

舞台は1960年代のアメリカ。歌手になることを夢見て活動を続けていた3人組ガールズグループのサクセス・ストーリーを基に、華やかなショービジネスの裏側にある人間模様、栄光、挫折、中傷、友情、野望をドラマティックに描いた傑作ミュージカル。1981年12月20日のブロードウェイ初演以来、4年間に渡り1521回の公演を行い、その後日本を含めた世界各国で上演された「ドリームガールズ」。1982年には栄えあるトニー賞で6部門受賞。2006年には、ビヨンセ、ジェニファー・ハドソンらにより映画化され、全世界で大ヒット。そのヒット受け、ブラックミュージックの聖地ニューヨーク アポロシアターで舞台版が復活し、翌年、日本でも公演が行われた。『コーラスライン』の振付・演出を手掛けたマイケル・ベネットの遺作としても評価が高い。

2010年5月にBunkamuraオーチャードホールで、そして2013年には東急シアターオーブの開業1周年記念公演として、さらに2016年6月に再来日公演が大好評を博したブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」の4度目の来日公演が2020年1月に決定した。女性たちの強さと美しさが際立つ、2020年の始まりにふさわしい最強のガールズパワーミュージカル。パワフルで華やかな本場のパフォーマンスから“真のミュージカルの醍醐味”を堪能できる超一級のエンターテインメントとなる。

ブロードウェイ・ミュージカル 「ドリームガールズ」

公演日程:2020年1月29日(水)~2月16日(日)
会場:東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
※字幕スーパーあり
チケット:S席 14,000円、A席 12,000円、B席 10,000円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
最速先行発売/7月19日(金)12:00~
一般発売/9月14日(土)
 公式サイト

ストーリー

歌手になることを夢見て活動を続けていたディーナ・ジョーンズ、ローレル・ロビンソン、エフィー・ホワイトの3人グループ「ドリーメッツ」は、ある日野心を秘めたエージェントのカーティス・テイラー・ジュニアに見いだされる。ソウル界の大物シンガーであるジェームズ・”サンダー”・アーリー(ジミー)のバックコーラスに抜擢され、キャリアを積み上げていく3人。しかし、彼女たちのデビューが決定した時、それまで歌の実力でリードを務めていたエフィーではなく、美しいディーナがグループのスターとなり、そこから彼女達の人生そして歌手としての運命は変わり始める・・・。