伝説の大ヒット映画『ターミネーター2』の正統な続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』が公開2週目の週末興行収入と観客動員数で、2週連続No.1となった。

1984年に第一作がジェームズ・キャメロンの監督・脚本で製作され、大ヒットシリーズとなった『ターミネーター』。その最新作である本作では、シリーズの伝説的キャストであるアーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンの最強タッグが復活。そして、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』以降、シリーズへの直接的な関与がなかったジェームズ・キャメロンが製作に復帰。また、『デッドプール』の大ヒットで世界中を驚かせたティム・ミラーがメガホンをとり、ハリウッドを代表するヒットメーカーと注目の実力派監督の奇跡のタッグが実現した、『ターミネーター2』の正統な続編を描くとして全世界から注目を集める最新作。

本作の公開2週目となる先週末(16日(土)・17日(日))の2日間の成績が、観客動員数20万5,317人、興行収入2億9,716万円を記録し、2週連続No.1を獲得した。累計興行収入は13億4,136万円を突破し、その勢いはとどまることを知らない。

先週に引き続き、SNS上では本作を鑑賞した人たちから声が溢れており、ティム・ミラー監督による壮絶なアクションへの高評価はさることながら、「かっこよすぎるサラ・コナーの登場で心臓が爆発した」、「ダニーとグレースの関係性・・・本当に最高すぎる・・・」、「ダニーとグレースの関係が強いんだけど、サラとダニー、サラとグレースの関係もなかなか濃い味で本当に楽しかった!」と、リンダ・ハミルトン演じるレジェンドサラ・コナーのかっこよすぎる勇姿や、未来から送り込まれたスーパーソルジャーグレースと地球の命運を握る女性ダニーのエモーショナルな強い絆に思わず感動してしまう声が上がっている。

さらには、「REV-9 がすごい良かった・・・・・・好き・・・・・・」、「REV-9の冷酷な化け物の雰囲気が半端なくて好きですね。T-1000の様を思い出すな」、「REV-9最高にクールで痺れるほどかっこいいキャラに仕上がっていてデザインも滅茶苦茶良かった!」と、シリーズ最凶の最新型ターミネーターREV-9の恐怖とかっこよさに言及する声、そして「今回はターミネーター2も見て予習ばっちりだから!!え?前回?先週みたばっかりだよ?来週も観る予定だよ?」、「2度目のターミネーターニューフェイトを観る。劇場に I’ll be back!!」、「良かった・・・ただ、今回は吹替えだったけど、字幕版もいいな。“I’ll be back”聞けないのが吹替え版の惜しいところ w」と、過去作を見直してからもう1度劇場へ足を運ぶリピーターや、吹替え版と字幕版の両方を楽しむユーザーも多いようだ。

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は全国で公開中!
監督:ティム・ミラー
出演:アーノルド・シュワルツネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネータ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.