『ターミネーター:ニュー・フェイト』の公開を記念した“審判の日”ファンイベントが8月29日(木)にTOHOシネマズ 渋谷で行われ、ガリットチュウの福島善成と熊谷茶が登壇した。

イベントにはターミネーターの熱烈なファンであるガリットチュウの2人が駆けつけ、福島はアーノルド・シュワルツェネッガー演じるターミネーターに、熊谷はサラ・コナーに扮し登場した。MCから挨拶をお願いされると、福島は衣装に似合わず高い声で「マイネームイズT-800!」とボケをかまし、相方の熊谷さんは「声高!」とキレの良いツッコミを披露した。また、福島さんは自虐ネタを混ぜ「いろんな意味で“I’ll be back”」と笑いを誘った。

この日(8月29日)が“審判の日”として日本記念日協会から正式に記念日認定されたことから認定登録証が披露されると、福島は来年もスケジュールを空けておくことを誓った。映画『ターミネーター2』の魅力を聞かれると、熊谷は「こんなにワクワクドキドキする映画は無い。全てがドキドキする、たまらないです。ストーリーを知っててもおもしろい!」とターミネーターへの愛を熱く語った。

“裁判の日記念<ほぼ等身大>REV-9アクリル製ムビチケカード”が披露されると、独身の熊谷は一人暮らしが寂しく、REV-9と一緒に住めば良い!ということになり、イベントに集まったターミネーターファンからの許可を得て、「銀行に走ります」と10万829円の購入を決意した。どこに飾るのかを聞かれると、「玄関じゃない?ただいまREV-9じゃない?」と興奮した様子を見せた。

次回作に期待している点を聞かれると、福島は「サラ・コナーさんの腕の筋肉がどれだけ落ちてないのか注目したい」と答え、熊谷は「楽しみしかないです!」と期待を表した。

また、サプライズとして本作に出演しているサラ・コナー役のリンダ・ハミルトン、強化型女性兵士”スーパーソルジャー”であるグレース役のマッケンジー・デイヴィスから日本のファンに向けたメッセージ映像が上映されると2人は声を揃え「すごーい!」と答え、福島はバズーカを打ったサラ・コナーがそのまま1ミリも動かなかったのをサラ・コナーこそ本当のターミネーターなのではないか。と答えた。また、熊谷はリンダ・ハミルトンとマッケンジー・デイヴィスからのメッセージに対し「間違いない!」と期待を熱く語った。MCからムビチケを手に入れて動揺しているのではないかと聞かれると、「買ってよかった、確実に安い!先に買っておいてよかった」と興奮した様子を見せた。

イベントの最後に熊谷は「予告を見ただけでワクワクドキドキが止まりません、是非とも劇場でお楽しみください」と挨拶し、福島は「本日はガリットチュウにとって運命の日となりました。今日から新生ガリットチュウとターミネーターをよろしくお願いします」と笑いを誘った。

1984年に第一作がジェームズ・キャメロンの監督・脚本で製作され、大ヒットシリーズとなった『ターミネーター』。その最新作に、シリーズの伝説的キャストであるアーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンの最強タッグが復活。そして、伝説の生みの親でありながら、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』以降、シリーズへの直接的な関与がなかったジェームズ・キャメロンが製作に復帰した。また、『デッドプール』の大ヒットで世界中を驚かせたティム・ミラーがメガホンを取るという、ハリウッドを代表するヒットメーカーと注目の実力派監督の奇跡のタッグが実現し、『ターミネーター2』の正統な続編を描くとして全世界から注目を集める最新作。

【写真・文/市原唯衣】

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は2019年11月8日(金)より全国で公開!
監督:ティム・ミラー
出演:アーノルド・シュワルツネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネータ
配給:20世紀フォックス映画
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.