一つの嘘が奇跡を起こす青春ラブストーリー『四月は君の嘘』のブルーレイ&DVDに収録される特典映像“本編ビジュアルコメンタリー”の一部が先行解禁された。

2011年5月から2015年3月にかけて「月刊少年マガジン」(講談社刊)にて連載され、“泣けるラブストーリー”として第37回講談社漫画賞を受賞、さらに2014年10月から放送されたアニメも「SUGOI JAPAN Award2016」でアニメ部門第1位を獲得するなど高い評価を受けた「四月は君の嘘」。累計発行部数500万部を超える大人気ベストセラーを広瀬すずと山﨑賢人を迎えて実写映画化した本作。

ヒロインで自由奔放な個性派ヴァイオリニスト・宮園かをり役には『海街diary』で脚光を浴び、『ちはやふる』<上の句><下の句>、『怒り』など2ドラマ・映画・CMにひっぱりだこの女優・広瀬すず、そんなかをりに惹かれていく元天才ピアニスト・有馬公生役には、NHK連続テレビ小説「まれ」や『ヒロイン失格』、『orange-オレンジ-』、『オオカミ少女と黒王子』など話題作への出演が続く俳優・山﨑賢人。いま最も旬で透明感あふれる二人が、音楽によって導かれていく青春ラブストーリーで初共演した。

タイトルにちなみ4月に発売されるBlu-ray&DVD 豪華版には、本邦初公開となるメイキングや、広瀬すず、山﨑賢人、石井杏奈、中川大志の4人が自撮りカメラで現場をリポートする映像、イベント映像集が収録された特典ディスクと、Blu-ray&DVDのために撮り下ろされた広瀬すず、山﨑賢人、新城毅彦監督による本編ビジュアルコメンタリー、公開記念特番、主題歌のいきものがかり「ラストシーン」とコラボしたスペシャル映像などが収録された特典ディスクと2枚の特典ディスクが付き、特典映像は合計6時間超えとなる。

今回、一部が先行解禁されたのは広瀬すず、山﨑賢人、新城毅彦監督によるBlu-ray&DVDのために撮り下ろした本編ビジュアルコメンタリー。本編開始とともに「泣いちゃうかもしれない」と漏らす山崎。これには広瀬も新城監督も大笑いし、緊張もほぐれ和やかに開始される。今回公開された映像のほかにもビジュアルコメンタリーでは、広瀬がコンタクトレンズに人生初挑戦し「バイオリンと同じくらい練習した(笑)」と明かしたり、手術室のシーンでは急遽本当の手術が入り、撮影が中止になったなど撮影の裏話や、高校の時の思い出、好きなシーン、好きなセリフなどが明かされている。「久しぶりに観て、色々あったなーとか楽しかったなーとか、改めて思った。それから繰り返し観ると“こんなに切ない映画だったんだ”と更に思った」と話す広瀬、山﨑も「久々にこのメンバーで観られて、本当に良い作品に出演したんだと思って、幸せだなと思った」と作品への思いを語り、新城監督も「(広瀬や山﨑と)こんなふうに一緒に観る機会はないから、ちょと緊張した」と言いつつ「意外と素で見れて楽しかった」と話す貴重な映像となっている。

Blu-ray 豪華版

『四月は君の嘘』ブルーレイ&DVDは2017年4月12日(水)発売!
◆Blu-ray 豪華版(3枚組) 6,700円(税抜)
◆DVD 豪華版(3枚組) 5,800円(税抜)
◆DVD 通常版 3,800円(税抜)
※4月5日(水)よりBlu-ray、DVDレンタル開始
発売元:フジテレビジョン、販売元:東宝
©2016フジテレビジョン 講談社 東宝 ©新川直司/講談社