第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品『寝ても覚めても』のブルーレイ&DVDが3月6日(水)に発売されることが決定した。

惹かれあう亮平と朝子―。朝子がかつて運命的な恋に落ちた恋人・麦と、亮平は顔がそっくりだった―。本作は、二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語。主演・東出昌大が、同じ顔をしていながらもタイプの違う男・亮平と麦という一人二役に初めて挑み、唐田えりかがヒロイン・朝子を演じる。メガホンをとるのは、前作『ハッピーアワー』でその名を世界に轟かせた気鋭・濱口竜介監督。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、海外メディアに絶賛された。

今回発売されるセル商品は「Blu-ray」「DVD」の2種類。Blu-rayには、ここでしか観られないメイキングに加え、監督・キャストによる撮りおろし座談会が収録されている。

『寝ても覚めても』Blu-ray

枚数:1枚組
価格:5,300円(税抜)
映像特典:
●メイキング・オブ・寝ても覚めても
●監督・キャストによる撮りおろし座談会「永い夢」
●オリジナル予告編
音声特典:
●オーディオコメンタリー

『寝ても覚めても』DVD

枚数:1枚組
価格:3,800円(税抜)
映像特典:
●オリジナル予告編
音声特典:
●オーディオコメンタリー

ストーリー

東京。丸子亮平は勤務先の会議室へコーヒーを届けに来た泉谷朝子と出会う。ぎこちない態度をとる朝子に惹かれていく亮平。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながら朝子も惹かれていく。しかし、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、2年前に朝子が大阪に住んでいた時、運命的な恋に落ちた恋人・鳥居麦に顔がそっくりだったのだ――。
5年後。亮平と朝子は共に暮らし、亮平の会社の同僚・串橋や、朝子とルームシェアをしていたマヤと時々食事を4人で摂るなど、平穏だけど満たされた日々を過ごしていた。ある日、亮平と朝子は出掛けた先で大阪時代の朝子の友人・春代と出会う。7年ぶりの再会。2年前に別れも告げずに麦の行方が分からなくなって以来、大阪で親しかった春代も、麦の遠縁だった岡崎とも疎遠になっていた。その麦が、現在はモデルとなって注目されていることを朝子は知る。亮平との穏やかな生活を過ごしていた朝子に、麦の行方を知ることは小さなショックを与えた。
一緒にいるといつも不安で、でも好きにならずにいられなかった麦との時間。ささやかだけれど、いつも温かく包み、安心を与えてくれる亮平との時間。朝子の中で気持ちの整理はついていたはずだった―。

映画『寝ても覚めても』ブルーレイ&DVDは2019年3月6日(水)発売!
■Blu-ray 5,300円(税抜)
■DVD 3,800円(税抜)
発売・販売元:バップ
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS