藤井聡太四段、神木隆之介

魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント『3月のライオン』のBlu-ray&DVDに収録される特典映像「エンタメ・ドキュメント特別番組『神木隆之介と指す!』」の一部が公開された。

東京の下町に一人で暮らす中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、幼い頃に交通事故で家族を失った。近隣の町に住む3姉妹と出会い、にぎやかな食卓に居場所を見出していく―。主人公の桐山零を演じるのは神木隆之介。10代からプロ棋士になった零と同様に、子役時代から俳優としてキャリアを積み上げ、声優を務めた『君の名は。』が国内興収で邦画歴代第2位を記録。さらに、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮、前田吟、伊藤英明、豊川悦司ほか錚々たる豪華キャストが集結。

今回、『3月のライオン』[前編]豪華版に収録される特典映像「エンタメ・ドキュメント特別番組『神木隆之介と指す!』」より、プロデビュー間もない藤井聡太四段と主演・神木隆之介の貴重な対談映像や、羽生善治三冠のインタビュー、大友啓史監督のインタビュー映像の一部が公開された。

本作は、中学生でプロ棋士デビューを果たした若き天才・桐山零(神木隆之介)が、孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていく中で出会う、様々な人々のそれぞれの闘いや優しさに触れ、成長していく感動のエンタテインメント。今回公開された映像は、今年2月にJ:COMプレミアムチャンネルにて放送されたエンタメ・ドキュメント特別番組「神木隆之介と指す!」の一部。主人公・桐山零を演じる神木隆之介が「特別な場所」と言う<将棋会館>で、プロデビューして間もない藤井聡太四段との対談映像や、先日惜しまれつつ引退した加藤一二三九段の将棋解説、そして数々の偉業を成し遂げ、将棋界の天才棋士と呼ばれる羽生善治三冠のインタビューなどが収録されている。

映像では、藤井四段が“若き天才”ともてはやされるプロ棋士・桐山零を演じる神木隆之介に対し、将棋の世界についてどう感じたか、将棋のイメージはどう思ったか、などを質問。さらに、子役時代から活躍し、注目されることについても質問し「年齢に関係なく、一人のプロとして現場に臨んでいる」という神木に、感心した様子を見せている。逆に、神木が藤井四段に映画を見で感じたことを尋ねると「対局シーンは迫真というか、本格的だった。プロ棋士として見ていても感心しました」と話し、神木も「安心しました」と胸をなでおろしている。

映画の登場人物で好きなキャラクターを聞かれると、藤井四段は「二海堂(染谷将太)の将棋に対する真っ直ぐな情熱が伝わって来て、そこがすごく好き」と答えた。羽生善治三冠のインタビューでも、同じように、気になる登場人物がいたかを尋ねると、伊藤英明演じるプロ棋士・後藤を挙げ「(後藤みたいな)怖い感じの先生って、結構いたんですよ。それを思い出しました」と気さくに答えている。最後に大友啓史監督は「将棋でしか生きて来られなかった孤独な青年の魂の彷徨がテーマ。誰が見ても自分を投影できる登場人物が絶対にいるし、零が葛藤している様は、将棋とは違っても誰でも思い当たる節があるはず」と話している。

この貴重な対談映像やインタビューの映像は、『3月のライオン』[前編]Blu-ray&DVD豪華版の特典映像として、60分収録されている。豪華版にはほかにも監督・大友啓史×神木隆之介×中村倫也×尾上寛之による、撮り下ろしのシーンセレクト・ビジュアルコメンタリーや、イベント映像など200分の特典映像が収録される。

『3月のライオン[前編]』Blu-ray 豪華版

『3月のライオン[後編]』Blu-ray 豪華版

映画『3月のライオン[前編]』Blu-ray&DVDは2017年9月27日(水)、映画『『3月のライオン[後編]』Blu-ray&DVDは10月18日(水)に発売!
■『3月のライオン[前編]』Blu-ray 豪華版(2枚組) 6,800円(税抜)
■『3月のライオン[前編]』DVD 豪華版(2枚組) 5,800円(税抜)
■『3月のライオン[前編]』DVD 通常版(1枚組) 3,800円(税抜)
■『3月のライオン[後編]』Blu-ray 豪華版(2枚組) 6,800円(税抜)
■『3月のライオン[後編]』DVD 豪華版(2枚組) 5,800円(税抜)
■『3月のライオン[後編]』DVD 通常版(1枚組) 3,800円(税抜)
発売元:アスミック・エース 販売元:東宝
©2017 映画「3 月のライオン」製作委員会